ビーグレンの紫ニキビの治し方 治らないニキビ跡になる前に!

ビーグレンは、凸凹になったクレーターニキビを治してくれるだけじゃなくて、色素沈着まで治してくれますから、紫ニキビにだって効果が期待できます。

口コミを見ても紫ニキビに関する情報がいくつかあり、治った!改善してきた!という声が多数を占めています。では、ビーグレンで紫ニキビが治る理由を詳しく見ていきましょう。



■紫ニキビの原因

紫ニキビは、ニキビが最も悪化した状態です。炎症した赤ニキビがさらに悪化した白い膿を伴う黄ニキビになり、黄ニキビがさらに悪化したのが紫ニキビ。

白い膿に肌の内部が傷つくことによって血が混じり、毒々しい色になってしまうわけです。紫ニキビまでニキビが悪化すると、1日や2日で治すことはできません。



肌に深い部分までニキビによって傷ついていることが考えられるので、焦って潰して治すようなことはせず、じっくり時間をかけて徐々に薄くしていくのがポイントです。



■ニキビ解消の決め手

紫ニキビでも、ニキビのごく初期段階の白ニキビ(毛穴に皮脂が詰まっただけの状態)でも、結局は肌の新陳代謝を正常に機能させることがポイントです。

私たちの肌は、薄い皮膚が何層にも重なって構成されていて、新しい皮膚が常に生み出されていきます。そして、徐々に肌表面へ皮膚が押し出され、最後は剥がれ落ちていきます。



新陳代謝が正常ならば、約1ヶ月で肌の皮膚は完全に入れ替わるので、1ヶ月前とは全く別の肌になるはずなんですが、ニキビがある場合、新陳代謝がさえぎられてしまいます。

肌に対して重い蓋をするような影響を与えてしまうため、ニキビを治すには1ヶ月以上かかるのが普通なんです。紫ニキビともなると2,3か月くらいは時間をかかると思ったほうが良いです。



新陳代謝さえきちんと機能させれば、今度はニキビに負けない肌質になります。ニキビが出来そうになっても、今までのように悪化する心配がありません。

肌の中の潤いだって維持しやすくなるので、自然と透明感がよみがえり始め、肌にハリと艶が出るようになりますよ。



■ビーグレンでニキビを治す!

ビーグレンは、新陳代謝を改善する能力がきわめて強力です。高濃度のビタミンCを肌のずっと深い部分まで浸みこませることができるのはビーグレンだけだからです。

ビタミンCには新陳代謝を促す効果があり、ビーグレンの浸透技術によってビタミンCが浸透力の強いカプセルにとじこめられ、肌の奥へ届けてくれます。



他の美容液の場合、ニキビができている表面部分までしか届かない場合も多く、そうなると、新陳代謝を促せるわけがありません。

ビーグレンはその点、ニキビの裏側まで回り込むことができます。つまりニキビの後ろから新しい皮膚の生成を促して、ニキビを肌表面へと押し出してくれるんです。



実際にビーグレンのビタミンC美容液「Cセラム」を手に取ってみると、すぐに指に吸い込まれているのが実感できるほど浸透力が強いんです。

口コミを見てみると、だいたい2か月弱で効果を実感する人が多く、3か月~6ヶ月くらいかけて紫ニキビを改善している人が多いですよ。

最も悪化した紫ニキビからもあなたを救ってくれるビーグレンの効果をトライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓







ビーグレンでニキビケアするならクレイウォッシュも優秀

ビーグレンの洗顔フォームはクレイウォッシュという泥洗顔です。泥の良いところは、汚れを吸着する自然の効果があること。
界面活性剤を使う必要がないので、肌への負担を限りなく小さくできます。ニキビで痛んだ肌でも優しく汚れを洗い流すことができます。

そして、すすぎも泡洗顔に比べてずっと楽なので、洗い残しができる心配がかなり小さくなります。フェイスラインや生え際などにニキビができやすいのは洗いにくい部分だからです。
クレイには肌を守ってくれる天然の効果もありますから、ニキビが無事に治った後は、クレイウォッシュだけでも、きれいな肌を維持しやすいですよ。